2009年06月07日

サマーインターンシップ

6月から大手就職サイトのインターンシップサイトが一斉にオープンしました。

リクナビ・マイナビ・エンジャパンといろいろなインターンシップ
掲載されていますが、インターンシップの内容はどんなものがあるのでしょうか。


体験型・見学型・業界研究型などいろいろな内容のものがあります。

一番主流なのが業界研究型でしょうか。

大手企業がインターンシップをやる目的として、
10月の就職サイトオープン前のエントリー稼ぎ・認知度向上などが
あります。

「あの会社のインターンシップよかったよ」

友達との会話の中でこんな会話になれば、企業側としてもインターンシップをやった目的が達成されたと言えるでしょうね。


学生側もインターンシップに参加する目的を明確にしておくべきです。
最近ではイン―ターンシップに参加する学生が多いので、企業面接でのインターンシップの話は全く相手に響きません。

むしろまたか。

といった感じです。

大事なのは経験を語るのではなく、そこから何を学び・感じたのか。

その学びや感じたことが日常の行動においてどのように役立っているのかなどが言える事が大事です。

言いかえると、

インターンシップを経験して自分がどう変わったのか。

です。
posted by shushu at 02:06 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。